トップページ  >  製品情報  >  OPECA(オペカ)の特徴

OPECA(オペカ)の特徴

OPECA(オペカ)の特徴

軽量コンパクト

通信セットの重量は約2kgと軽量です。また、リュック型もしくはウエストポーチ型の専用キャリアバッグに機材一式を収納してあるため、両手が自由になり、現場の様々な状況に柔軟に対応できます。

簡単操作

映像と音声は、スイッチひとつ押すだけのワンアクションで送信を開始します。誰でも簡単に操作できるので、ミスも起こしにくく、確実な作業を可能にします。

高画質

映像圧縮コーデックには、Flash Videoにも採用され、低スペック環境下での高画質を可能とするOn2 VP6を採用。クリアな画質を保ちながら、利用状況に応じたデータ配信を実現します。

OPECAの利用環境

OPECAは、Wi-Fi(無線LAN)やモバイル高速データ通信(docomo、emobile、wimax、au、softbankなど)を介してインターネットに接続して使用します。

モデルの選択

用途にあわせて3GもしくはWi-Fiのどちらかのモデルを選択します。

3Gモデル 携帯事業会社のモバイル高速データ通信を利用するため、
スイッチひとつで全国どこでもすぐに利用が可能です。

サービスエリア内であれば移動しながらでも利用できます。

320×240ピクセル、最大フレーム数15fpsで映像を配信します。

建物内などの電波状況の悪い場所でご利用の場合には専用の
3Gブリッジを設置してクリアな通信環境を構築することができます。
Wi-Fiモデル NTT東日本・西日本社のフレッツ光、フレッツADSL、CATV回線、
または衛星回線を利用して、640×480ピクセル、
最大フレーム数30fpsで高画質な映像を配信します。

専用のアクセスポイントを設置し、さらに広域な場所や
障害物の多い場所、あるいは管路など電波状況の悪い場合には
専用ブリッジを設置してクリアな通信環境を構築することができます。

衛星回線を利用するとインターネット回線の届かない山間地でも利用できます。

* 各携帯電話事業会社のサービスエリア内に限ります。
* フレッツ光はNTT社の登録商標です。
* 衛星回線はIPSTAR社の送受信最大2Mbps以上のサービスをお勧めします